前へ
次へ

運動不足と医療の関係を知る

現代人は、様々な技術の発展により自動車や鉄道など非常に人間の動きの助けをするものが増えてきました。機械などもそうですが、今まで人間が人力でやっていたことを機械やロボットで行うため人々は体力を使わずに仕事をすることが可能になっています。このような進歩は素晴らしいものの、逆に人間の体力を消耗させないため病気になってしまう可能性も高まりました。病気になると医療機関に通うことになるでしょう。医療機関に通えば、それだけ時間を取られるだけでなくお金もかかってしまいます。できれば医療機関にお世話にならない人生にしたいものです。そのために必要な事は、定期的に運動することでしょう。現代人の多くは、運動が不足しており1日に必要な運動量の半分もこなしていない人がほとんどです。仕事柄仕方がないかもしれませんが、それならば行き帰りに運動をする期間を設けて往復だけでも運動すると良いでしょう。これにより、病気を避けることが可能です。

Page Top