前へ
次へ

白癬菌撃退には抗真菌薬クリームでの外用治療

冬は無縁の印象がある水虫ですが、ブーツを楽しめる季節の寒い時期にも水虫になってしまうことは多々あります。カビの一つで白癬菌の大活躍が、足を悩ませる水虫であり、最新のトレンドブーツを楽しむなら水虫対策も怠ることはできません。かゆみが生じたり皮膚の状態が怪しかったり、もしかしたら水虫かもしれないと思ったら、皮膚の専門である皮膚科を受診することです。日々皮膚のことを治療する皮膚科ですから、水虫の相談が恥ずかしいと思う必要もありません。検査をしてもらうことができますし、医者の指導による治療を受けることができます。角質と一緒に白癬菌はブーツや普通の靴の中にも脱落をしますが、強いので感染力は数ヵ月続くレベルです。白癬菌が付いているブーツや靴は、再び感染をしないためにしばらくは履かないこと、就寝前には足を洗い清潔にする習慣をつけるようにします。病院では抗真菌薬クリームなどの処方をしてもらうことができるので、清潔にした足に外用治療で改善へ向かわせるのが建設的なやり方です。

Page Top